採用情報

技術・研究

Scroll

どんな仕事

伝統的素材「漆喰」の新しい価値を追求する。

日本プラスターの技術部は「漆喰」と「天然資源由来の塗り壁材(建築材料)」をとことん研究し、極めていく集団です。
新製品の「開発」「基礎研究」「分析」を日々繰り返し、漆喰という価値ある素材の「新たな可能性を見出す役割」を担っています。

  • やりがい

    「今まで形のなかったものを、自分の手によって世に生み出せる喜び」は大きいです。様々な知識と経験を積み、関連部署と連携して試行錯誤を重ねる。熟考を重ねて試作を繰り返し、ひとつのアイデアを形にしていきます。私たちはそれを日常的に繰り返しています。

    このように長く険しい道のりを経て、ようやくひとつの製品が完成します。私たちの開発している漆喰は「最終品」であり、お客様との繋がりを強く感じれます。私たちが感じる最大の「やりがい」は、手塩にかけた商品が世に出回り、お客様のお住まいに塗られて、お客様の人生の一部となる事です。

スキル経験

インタビュー

INTERVIEW

一年目は研究・開発の基礎を学ぶ年でした。二年目以降は仕事の幅を広げ、単独で試験計画から実行までを行えるよう努力をしていきます。

技術部:技術部員

男性(T.K)

20代 栃木県 佐野市

  • 日本プラスターを選んだ理由

    地元の佐野市で「住まいに関わる仕事」をしたいと思ったからです。

    私が中学生の時に新しく家を建てる事になり、当社の漆喰を使用していたので、その魅力を知っていたのも大きな理由です。

  • 入社の決め手

    地元から出ていく人が多い中、私は地元を盛り上げたいという思いがありました。そんな時「地方から日本中に漆喰を広める!」という社長の想いを聞き、魅力を感じたからです。

  • 以前の職業

    神奈川県で学生をしていました。

  • 現在の業務

    技術部員として、上司や先輩が行う研究・開発のフォローを行っています。

  • 日本プラスターに入社して
    成長できた事

    技術部員としてのスキルが少し身についてきました。知識も技術もないゼロからの入社でしたが、基本的な試験の手順を覚え、現在では一人で行える試験も増えました。

  • 仕事で辛かった事・苦労した事

    私は器用な方ではないので、最初は「漆喰やモルタル」を塗る作業に苦労しました。今も勉強中です!

  • 仕事で嬉しかった事

    「自分の作成した資料が、営業部や技術部の仲間の役に立った時」や、「開発に関わった製品を褒めてもらえた時」ですね。

  • この職場でしか得られない経験

    漆喰は壁紙に比べてまだまだ認知度の低い壁材です。そんな中で当社は全社を挙げて、漆喰を世の中に広げようとしています。

    「自分たちが漆喰を広めているという実感」がこの会社ならではの体験だと考えます。

  • 職場の雰囲気

    しっかりとした規律があり、必要なコミュニケーションがすぐに取れる職場です。

  • 日本プラスターの魅力

    困っている仲間にすぐ声をかけてあげる社員ばかりで、気持ちの良い会社です。

  • 福利厚生面

    社員食堂で毎日、栄養の取れたお昼ごはんを食べられるところです。ご飯は自分で盛ります。食べ過ぎてしまうので注意が必要です!

  • 仕事面

    分からないことを直ぐに聞ける環境です。そのため、技術部員として必要なスキルを早く習得できます。

  • 今後の展望

    一年目は研究・開発の基礎を学ぶ年でした。二年目以降は仕事の幅を広げ、単独で試験計画から実行までを行えるよう努力をしていきます。

募集要項

エントリーはこちら

募集情報